マンション経営に失敗しないコツ|事例を知って対策を練る

案内する女性

マンションの経営の困難さ

不動産物件

不動産経営

不動産経営には元手が必要です。ただし、サラリーマンでも借入を行う事でマンション経営を行うことも可能です。このとき、成功も失敗もあり得ますが、重要なことは最初の不動産選びに始まっていると言えます。不動産経営で失敗しないようにするためには、その物件が賃料収入を上げるのに適したところかどうかがまずは鍵となります。あまりにも不便なところの場合、借りようという人そのものが現れません。それでは不動産を取得するのにリスクが高すぎると言えるでしょう。近隣の生活圏をよく考慮し、たとえば自分であればこの物件を借りたいと思うかどうかを考えて見るのも必要なことです。マンション経営ではこの生活圏を考えることがとても重要になります。

物件以外で重要なこと

マンション経営では、生活圏に商店等があることが重要ですが、それ以外にも賃貸料の設定も非常に重要です。賃貸料が高額な場合には、いい物件であってもそもそも借りられないとして、敬遠されてしまうおそれが生じます。よほどの好物件であればともかくそうでなければ、賃貸設定を慎重にしないといけないでしょう。賃貸収入で住宅ローンの返済などを考えている場合は特に注意が必要です。空き家が長く続いたときにその収入が途切れたとして、生活が持つかどうかをよく考えなければいけません。またマンション経営に失敗しないためにも、近隣で似たような物件があれば、その賃貸設定を見極めることも重要です。同じ賃料設定をした場合には、近隣に空き家があれば同様に失敗する可能性が生じます。空き家が多い地域などは、家賃を少し安めに設定するなど、臨機応変に対応するとよいでしょう。

マンション投資とリスク

住宅街

マンション経営は不動産投資でも成功すれば安定した収益を得ることができる投資です。しかし、投資である以上は失敗のリスクもあります。このためマンション経営によって不動産投資を行う場合には将来の収益性を考えて行う必要があります。

» 読んでみよう

不動産投資は立地重視です

スーツの男性

資産の運用先として超低金利の下ではマンション経営に取り組む人が増えているのです。しかしなかにはマンション経営で失敗をしている人もでてきており、失敗をしないためには、よい立地のマンションを選ぶこと、キャッシュフロー計算をしながら税金対策をすることなのです。

» 読んでみよう

事前の運用計画が大切

室内

マンション経営において失敗のリスクを軽減するための有効な手段は優良な中古物件を探して、コストを極力減らし、損益分岐ラインを下げることです。そして今後の優良な中古物件の一つとして、リノベーション物件が定着する可能性が高いです。

» 読んでみよう