マンション経営に失敗しないコツ|事例を知って対策を練る

男の人

不動産投資は立地重視です

スーツの男性

立地で選ぶ

資産を運用する方法として不動産投資は、今の超低金利の状態では収益が得られる可能性の高い投資分野です。不動産投資としてマンションなどを購入してマンション経営を行うケースはかなり増えてきているのです。しかし、不動産投資のために行ったマンション経営で失敗をしてしまい、せっかくの資産が目減りしてしまったというケースも出てきているのは事実です。マンション経営で失敗をしないためには、購入を検討しているマンションの立地が、駅に近いなど好条件にあるかというのが大きなポイントなのです。これから人口減少の日本においてはマンション経営をするにも利便性が高く、誰もが住みたいと考える場所に立地しているということが失敗を防ぐための重要なポイントなのです。

税金対策が重要です

マンション経営などの不動産経営で失敗をしないためには、キャッシュフローをきちんと把握、予測しておくことが非常に重要です。家賃収入の計算は毎月の家賃に入居者数を掛ければ簡単に求めることができますが、これがまるまる不動産収入となると税金を多く支払わなくてはならなくなるのです。減価償却などを上手く使って、不動産収入の利益をコントロールする事が重要です。またいざというときに現金が必要な場合がでてくるのがマンション経営における賃貸管理という部門です。マンション経営においては経営という概念をしっかりもってバランスシートとキャッシュフロー計算書をよく見ながら経営をしていくことが大切でしょう。良い立地できちんと入居者が得られればマンション経営は決してハードルが高いものではないのでおすすめなのです。