マンション経営に失敗しないコツ|事例を知って対策を練る

男の人

マンション投資とリスク

住宅街

不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンに位置する投資ですが、金融投資とは異なり、さまざまなメリットが存在しています。ひとつは資産を形成する上で、不動産は不変の価値があるためそれがゼロになることはありません。取引には時間は掛かるものの金融資産と異なり変動は激しくなく、何より市場物価に合わせて上下するので、インフレやデフレに強いといったメリットがあります。不動産投資にはいくつかの種類がありますが、その中でも王道とも言えるのがマンション経営です。マンション経営のメリットとしては複数の部屋を保有することで、空室率のリスクを避けることができますし、また建物のほか土地を保有することで、将来の再開発もスムーズに行うことができるメリットがあります。

マンション経営は、不動産投資の中でも安定した収益を得ることができることで知られますが、投資であるため失敗するリスクも存在します。マンション経営での失敗としては、第一に入居率の低下です。賃貸物件である以上、誰かに貸して、その賃料によって収益を得るわけで、賃料が入らないと収益を得ることができません。このためマンション経営の失敗は入居率の低下を意味しています。この入居率を低くする要因はさまざまで、立地が最初から悪ければ失敗するリスクが高まりますし、立地に対して適正な賃料であるかどうかもポイントになりますし、将来の環境の変化にも留意する必要があります。いずれにしても長期的な視点に立って、マンションを購入した金額と収益との損益分岐点を想定してマンション経営を行うことが重要です。