マンション経営に失敗しないコツ|事例を知って対策を練る

男の人

事前の運用計画が大切

室内

損益分岐ラインを下げる

マンション経営で失敗をしないために有効な方法は、コストを極力削減して損益分岐ラインを下げることです。マンション経営をはじめとした不動産投資において、一つの物件で投資前の計画よりも収益が増えるということは、余程厳し目に空室リスクを見積もっている場合がほとんどです。また、地価の高騰などで不動産価値が想定以上に増加したために、対象物件を売却して投資前の想定以上の売却益を獲得できたケースもありますが、見極めが難しいです。だからこそ、失敗のリスクを下げるためにはコストを少なくして損益ラインを下げる方法を考えることが有効なのです。そしてマンション経営のためのコストの中で最も高額になるのは、多くの場合投資対象の物件の購入費用です。従ってマンション経営で失敗しないためには、如何に安価で収益力のある優良な物件を購入できるかということが大切なのです。

リノベーションも選択肢

マンション経営のための投資対象物件を安価に購入する上で有効なのは、新築ではなく中古物件の中から借り手が見つかりやすい物件を探すことです。というのも、不動産の売買相場は、新築と比べると築1〜2年の築浅物件であっても中古物件であれば売買価格は大きく低下します。一方で、賃貸相場は新築でも築5年程度の物件であっても、断続的にでも借り手が見つかり続けている上に、特別な外部要因も無い物件であれば、賃料はほとんど変わることがありません。だからこそ、新築と比べると中古の優良物件の方が、損益ラインを大きく引き下げることができるのです。そして現在の不動産業界ではリノベーションのレベルがどんどん向上しています。ですから、今後は立地や間取りに優位性のあるリノベーション済みの優良物件を狙うのも良いでしょう。優良物件に変えることができる中古物件を安価に購入して、自らリノベーションを行うという方法も失敗のリスクを軽減できます。効果的なマンション経営の手法として定着する可能性が高いのです。